【共通テーマ】色


――パープルうっふ〜ん、ピンクはくぱぁ

男や女の前に色をつけると顔立ちの整った、色気のある人物だとか好色(異性が大好き)な人物という意味になるらしい。

他にも愛人だとか間男とかそういった爛れた関係的なのを指すんだとか

遊女とかそういうの

色というのはこういったちょっぴりムフフ♪ な関係を示すものでもあるんですねぇ……

例えばこんな使われ方

親分「最近付き合い悪いな、どうした」

ぼく「いやぁ、最近イロ(小指立てる)が出来ましてね」

イロ(無色透明)「アナタ……アナタァ……!!」

――色がゲシュタルト崩壊

色という文字がゲシュタルト崩壊

辞書サイトで『色』で始まる言葉を調べながら今回の共通テーマを書いていた。

先に書いた『爛れた関係』についてもそうだが恋愛的な意味で色がたくさん使われている事を知った。

あまりこういった恋愛的な話を書きすぎて

「おっ? こいつモテなさすぎて恋愛系の話にすぐ飛びついてんな」

みたいな事をあまり思われたくないんですよ。

実際にそうでも世の中には言っていい事と悪い事があるのです。

なので今度は『色』で終わる言葉を調べました。

うん、色にあまりこだわりの無い自分にはこの膨大な数の色は捌ききれない。

強いて挙げるなら白と水色の組み合わせを見るとカルピスウォーターを連想して

「あー!! 能年玲奈ちゃんに『先輩っ!』って言われてー!!!!」

くらいしか書けることが無かった。

ともかく辞書のページを流し読みながら色々な色を知りながら「恋も色と同様たくさんの種類があるのかもしれないな」

なんてキザなセリフでオチをつけたかった。

というか辞書のページを流し読みしながら見つけた『景色』

この言葉を見るまではそのつもりだった。

……景色ってこんな字だったっけ……?

――何ドルかよこせ

話は変わりますが僕はなんちゃら万ドルの夜景の街に住んでいます。

つまり夜から寝るまで、家にいる日は毎日その夜景の肥やしになっているわけです。

この街に生まれてこのかた見たことの無い夜景に貢献し続けてきたわけですよ!!

それなのになんちゃら万ドルのうち1ドルも入ってこないのはおかしいじゃないか

その上電気料金の値上げなんて踏んだり蹴ったりじゃないか!!

もうやってられん!!

こんな街! イカール星人に滅ぼされちまえ!!!!

色なんて大嫌いだ!!!!!

以上、カラーとコラー(怒り)をかけた高度なうじ虫でした。