OIR

……夢を見たの……人間の体内に黒い虫が入り込んで、その人間の体が怪物のようになるの……ごき……

恐ろしい夢を見てしまった。北の国に住む試された大地人なので例の黒い悪魔を見たことは無いけれど。謎の施設に滞在していた俺達、黒い生命体に寄生されて背中から崩れるようにして姿をあらわす巨大な禍々しい羽、人を食い、次第に体内から同胞を生み出し、生まれ落ちたばかりの小さな黒い虫が次から次へと人々に襲い掛かり、寄生していく……

彼らから逃げる途中になぜか施設内で見つけた火炎放射器、なぜ落ちているのか疑いもせず、俺達は必死で戦い続けた。

〜そしてクライマックス〜

一体どれだけの寄生された人間を燃やし続けただろう。いつしか燃えた彼らの一部が動き出し、施設のガス的なアレに取り付いた。当然爆発した。ヤバい……このままじゃあ俺たちも死んでしまう……

そんな時、外に大型バスが止まっているのを見つけた。俺たちは言葉を発することなく一目散に駆け込んだ。――無事に全員が乗り込み、バスを走らせ施設から逃げ出す。

走り出したバスに彼らが突撃してくる。運転席めがけて突撃してくるもバスの中には入ってこられない! そう、ここでもなぜか強化ガラス!!

そうして俺は目が覚めた。……俺の脳内は一体何ウッドだよ……

gOkIbuRiでOIR





TOP/TEXT/CONTACT/LINK